メンタルヘルスの資格を取りたい!

メンタルヘルス 資格 ストレス

心の病は大きな社会問題になっています。
社内での人間関係

 

仕事上のストレス

 

労働環境の不満

 

など…これらは心の不調の原因となり、体調を崩したり不慮の事故を引き起こす原因となります。チーム内不和の原因ともなり、目標を達成するために協力することができなくなります。

 

このような人たちは精神的なケアが必要。心の声に耳を傾けるのがカウンセラーの仕事です。メンタルヘルスを学んだ人は、社内や施設内の相談室でカウンセリングを行うことができます。

 

一般企業の人事担当者や、リーダーとなる人が部下の悩みを聞くケースも増えています。

 

メンタルヘルス資格の種類は?

メンタルヘルス 資格 通信1

心理カウンセリングに関する資格は様々なものがあります。
メンタルヘルスマネジメント検定

 

メンタルケア心理士

 

ケアストレスカウンセラー

 

など。特にメンタルヘルスマネジメントはその代表ともいえます。実はメンタルヘルスの資格に国家資格はありません。しかし全て認定団体の資格なので履歴書に記入することができます。

 

一般企業では幹部候補にメンタルヘルスに関する研修を行っているところもあります。

 

メンタルヘルス資格取得までのルート

メンタルヘルス 資格 勉強

メンタルヘルスの資格を得るには、それぞれの認定団体が主催する試験に合格することで取得することができます。ほとんどの資格に受験資格はなく、誰でも受験することができます。

 

実技試験もないため、受験の敷居が低い資格であると言えます。その勉強方法は、独学・通信・学校(スクール)の3通り。それぞれの特徴をまとめてみましょう。

 

独学

 

メンタルヘルス 資格 独学

最もスタンダードな方法です。テキストと問題集を自分で用意し、自分のペースで進めます。自由度が高く、費用が掛からないというメリットがあります。

 

デメリットとしてはモチベーションが下がりやすいこと。自由であるがゆえに固い意思と根気が必要です。また、分からない部分がそのままになってしまうという不安要素があります。

通信

 

メンタルヘルス 資格 通信

各講座や専門学校が発行しているテキスト・DVD・問題集をもとに勉強を進めていきます。近年はWeb学習の通信講座も人気。期間を区切ったカリキュラムが組まれており、自分のペースを保ちつつ効率的に学ぶことができます。

 

主婦・社会人に人気の勉強方法です。独学に比べると費用は高くなります。また、自分に合った講座を選ばないと独学と同じになってしまうので注意が必要です。

学校・スクール

 

メンタルヘルス 資格 スクール

1ヵ月〜24ヵ月程度の長期スパンでの本格的な勉強を行います。資格試験対策だけでなく、実際に現場に立った時を想定した実践授業など、メンタルヘルスの即戦力として社会で活躍することができます。

 

費用は3つの勉強方法の中では最も高額になります。その分、資格試験対策講座なども充実。社会人向けに土日や夜間に開校している講座もあります。

 

メンタルヘルス資格講座の選び方は?

講座を選ぶ際、迷うことが多いと思います。どれが自分に合っているか分からないからです。これらの講座・スクールではそれぞれ受講内容が異なるため、当然のことながら取得できる資格も違います。

 

当然、受講期間も違いますし、それに合わせて費用も変わってきます。ではどのようにして自分に合った講座を探せばよいでしょうか?

 

ブラッシュアップ学びというサイトでこれらを比較することができます。

 

メンタルヘルス 資格 画像リンク

 

メンタルヘルスに関する通信・通学の講座を一覧で調べられます。

 

このサイトの便利なところは、資料請求が一括・無料でできるという点。会員登録の必要もありません。特に通信講座は自分に合ったものを選ばないと独学と一緒になってしまいます。

 

費用を基準に最安値の講座を選ぶこともできますので、気になった講座は資料請求し、じっくりと見比べてみましょう。

 

▼メンタルヘルス資格講座▼

メンタルヘルス 資格 通信ボタン1

 

講座受講者のクチコミ

とっつきやすかった
心理学の勉強をしてみたかったのと、どうせなら資格をという気持ちで受講してみました。テキストは分かりやすいように噛み砕いて書かれていたので、すんなり頭に入ってきました。

 

重宝したのはポイント集で、出先でふと疑問に思ったことでもパッと調べることができたので助かりました。とっつきやすい内容で、難しそうな先入観は吹き飛びました。学んだ内容は同僚から相談を受けたときに役立ってます。

男性 通信講座受講

反復練習が大切
勉強方法の基本ですが、過去問を繰り返し解くことによって、徹底的に理解することができました。もっと言うと、問題に対する各選択肢を自分の言葉で説明できるくらいまで勉強しました。解答だけ覚えるのではなく、実践できることを意識しました。

男性 通学講座受講

分かりやすい内容
精神や心理の世界に興味があって、前々から資格に興味を持っていたところチラシで講座を見つけたので申し込んでみました。教材の内容が長々しくなく、見やすいようにまとめられていたので続けやすかったです。自分でわかりやすいようにインデックスを付けて、間違えた部分はノートに書きだして集中的に勉強して、合格することができました。

女性 通信講座受講

カウンセラーの必要性
最初は通信講座なんかで勉強したことが本当に役に立つのか疑問を抱いていました。しかし実際に現場に出てみると、カウンセラーに求められるのは資格や学歴ではなく、悩んでいる人の心の声を聞くことだと感じました。心のケアと現場での経験は、実際に現場に行かなければ身に付きませんが、意識次第で通信でも多くの知識を身に付ける事は可能だと感じました。

女性 通信講座受講

 

>>【無料】講座の資料を一括請求

 

講座の費用はどれくらい?

メンタルヘルス 資格 費用

メンタルヘルスに関する資格は勉強法によって費用が大きく変わります。申し込みを考える前に、無理のない金額とカリキュラムを選択する必要があります。

 

では、それぞれの勉強法でどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。ブラッシュアップ学びで確認できる中で、東京都で受講可能な講座で調べてみましょう。

 

資格取得を目指せるもののそれぞれの最安値を探します。

 

通信の場合

キャリアカレッジジャパン
メンタルヘルスマネジメント資格取得講座

 

期間 約4か月
費用 34560円
資格 メンタルヘルスマネジメント(U種・V種)

 

初心者からスタート可能。試験不合格の場合は全額返金という驚きの講座。テキスト・DVD・添削問題集・過去問題集・模擬試験集で4か月間の勉強を進めます。メンタルヘルスケアの基本から、ストレスの対処法、職場環境の改善法、相談方法など幅広く学ぶことができます。

通学の場合

リカレント
メンタルヘルス・マネジメントコース

 

期間 約1か月
費用 64800円
資格 メンタルヘルス・マネジメント検定U種

 

初心者から始めることができます。全6回・15時間のコースです。平日夜間・土日も受講可能で社会人や学生にも安心。職場の心の健康づくりや、部下のストレスケア、復職支援など、心の不調・予防について必要な知識を体系的に習得できます。

独学の場合

期間 個人のペースによる
   (平均2〜6か月)
費用 テキスト 2000円〜3000円
   問題集  2000円×2冊
合計      6000円〜7000円

 

最も安い費用で勉強することができます。ただし、教えてもらうことができないため間違えた問題がそのままになりやすいというデメリットがあります。勉強のペースは自由ですが、モチベーションの維持も本人次第と言ったところでしょうか。

 

自分に合ったやり方を探そう

メンタルヘルス 資格 通信2

勉強法によって費用は大きく異なります。確実に1発合格を目指すのであれば講座を利用する、過去問を繰り返し解くなどの方法があります。気を付けなければならないのは、
講座が自分に合わないと効率が悪い

 

同じ資格でも講座によって価格が違う

 

ということ。講座探しは慎重に行わなければいけません。

 

ブラッシュUP学びで資料請求することで、これらの講座の内容・金額を比較できます。この中から自分に合う・最安値の講座を探すことができます。

 

無料で使えますので、興味を持った講座が本当に自分に合っているか、申し込む前に確認することができますよ。

 

▼メンタルヘルス資格講座▼

メンタルヘルス 資格 通信ボタン2


inserted by FC2 system